ビジネスフォンを使いこなそう

「電話機器であれば、どのような物でも機能は同じ」と考えている方もいるかもしれませんが、家庭用電話とビジネスフォンでは機能が大きく異なっています。家庭で使用している電話との機能の違いで、ビジネスフォンの使い方に戸惑ってしまう方もいらっしゃると思いますが、一度使い方を身につければ、仕事の中で使いこなすことができるようになるはずです。

電話をかける

ビジネスフォンでの電話の発信方法は大きく分けて三つあります。一つは、家庭で使用されている一般電話と同じ要領で行う基本的なかけ方です。
ビジネスフォンには、複数の番号や複数の回線を使い分けるための外線ボタンが付いており、このボタンを使用して電話をかけます。
流れは、受話器を上げる、もしくはスピーカーボタンを押す、発信する回線番号の外線ボタンを押す、ダイヤルです。
外線ボタンとダイヤルの順番はどちらからでも可能です。

ワンタッチダイヤルを使用するかけ方もあります。ワンタッチダイヤルの使い方や登録方法は電話機器で異なるので、電話機器の取扱説明書で確認しましょう。ワンタッチダイヤルを利用すると、テンキーでダイヤルしなくても登録番号に電話をかけることができるので、頻繁に電話する相手先の番号を登録しておくと便利です。短縮ダイヤルは、短い番号を登録しておき、短い番号をダイヤルすることで電話を発信することができる機能です。

ビジネスフォンならではの機能

内線通話、保留転送という機能は家庭用電話にはない機能です。内線通話は、公衆電話網を利用せずに通話する時に利用します。
私設電話とも呼ばれており、電話料金をかけずに同じ組織内の人間と通信して会話を交わすことができます。保留転送は、保留した電話をダイヤルした指定先に転送する機能です。電話発信者が担当者と会話をするためには、担当者に電話を受け継ぐ必要があります。

電話の受け手が担当者のデスクの電話に転送するような時に、この機能を利用します。これらの機能が付いていない家庭用電話を企業で利用すると、同じ組織内の人間と会話を交わすだけでも電話料金が発生してしまったり、電話を受け継ぐ時に通信している電話の所まで足を運ばなければなりません。仕事をスムーズにこなすことにも繋がるビジネスフォン。導入するためには、ビジネスフォン工事を行う必要があります。

ビジネスフォン工事に関する悩みをお持ちの方は当社にご相談ください。当社では、ビジネスフォンの導入、ビジネスフォン工事サービスを提供しております。お客様に最適な機器構成を提案させていただきますので、安心してご利用ください。格安で最新型ビジネスフォンを導入したいと考えている方も、最新型中古ビジネスフォンを激安価格で取り扱っている当社であれば、お客様のご希望に沿った機器を見つけていただけるはずです。お見積もりも実施いたしますので、低コストで導入したいと考えている方は、一度ご相談ください。

[激安ビジネスホン販売デンワマンTOPページへ]

↓↓キャンペーン中↓↓

NTTビジホンαGX一覧(前期モデル極上中古)

NTTビジホンαNX一覧(現行モデル最新中古)

複合機シリーズ OA機器シリーズ 各種サービスなど リース/分割払い ソーシャルメディア
オーエー5 お問い合わせ