電話回線の種類について

オフィス電話機を導入するには電話回線の工事が必要です。こちらでは電話回線の種類についてご紹介します。

アナログ回線

1回線につき電話機1台で、昔から利用されている一般的な電話回線です。アナログ信号で音声やデータを送受信する仕組みで、ほとんどの建物で対応可能できます。また、音質も優れており、万が一の停電や障害など、緊急時の時にも役立ちますので、安心してご利用いただけます。
ただし、他の回線と比較して料金が割高なので、複数の回線を使用するオフィスでは利用率が少ないです。

デジタル回線

1回線につき電話機2台をご利用いただけます。アナログ回線と比較してデータの通信も速く、料金に関してはアナログ2回線分よりも安く抑えることができるため経済的です。また、デジタル回線の場合、ch数や番号増設が可能になりますので、使い勝手が良く多くの企業で利用されています。

光回線

光ファイバー網を使用したブロードバンド回線のことです。この光ファイバーは、ガラスやプラスチック製の細い繊維からできており、光を通して情報を伝えています。電話単独ではなく、インターネット回線と合わせて利用することが多く、組み合わせるとインターネットの接続時間が短縮できます。また、電話基本料や通話料金が安く抑えられることから、導入する企業も年々増えています。光回線を利用する場合、光ファイバーを建物に取り込むための工事が必要になりますので、ご検討中の方は事前に工事期間を確認しておくと良いでしょう。

オフィス電話機の設置工事をご検討中の方は当社にお任せください。こちらでは最新型の中古オフィス電話機を格安価格でお届けしております。
専門の電気工事士が迅速に対応し、確実に工事いたしますので安心してご利用ください。また、月々わずかなリース料でご利用いただける分割払いも行っているので、まとまった資金が用意できない方にもおすすめです。無料相談も承っておりますので、オフィス用電話機に関することや、回線の手配・変更に関してご質問がある方はお気軽にご相談ください。

[激安ビジネスホン販売デンワマンTOPページへ]

↓↓キャンペーン中↓↓

NTTビジホンαGX一覧(前期モデル極上中古)

NTTビジホンαNX一覧(現行モデル最新中古)

複合機シリーズ OA機器シリーズ 各種サービスなど リース/分割払い ソーシャルメディア
オーエー5 お問い合わせ