ビジネスフォン工事の要となる主装置

ビジネスフォンを導入するには、専用の電話機を電話回線に繋げただけでは利用できません。電話機を制御する主装置が必要不可欠です。
そんなビジネスフォン工事の要となる主装置についてご説明します。

主装置とは?

ビジネスフォンの外線と内線間を繋いでいる主装置は、通信システムをコントロールする司令塔のような役割を果たします。
一つの電話回線を複数の回線として利用できるように設定するため、電話帳の番号データを記録するための要となる機器です。
主装置はCPUだけでなく、初期設定の際に、外線数・内線数、求める機能などに応じたユニットを収容することにより円滑な通信が行えます。
各ビジネスフォンの主装置には、「電話機の数」「電話回線の数」に制約があるため、導入前に予め決めておく必要があります。

ビジネスフォンの配線方式

ビジネスフォンと主装置を接続するには、「スター配線接続」と「パス配線接続」の2つの方法が存在します。

・スター配線接続

現在主流となっている配線接続方式で、電話機1台に対し1つのケーブルで主装置と繋ぎます。
スター配線の方が比較的シンプルに接続が行えて、電話機の配線が断裂するなどのトラブルの際にも他の機器に悪影響が及ぶ心配はありません。

・パス配線接続

主装置と電話機を繋ぐ1本のケーブルが途中分岐して接続する方式です。最大8台の電話機の接続が可能となっています。
一直線上に複数の電話機を並べるようなレイアウトの場合に適しています。

ビジネスフォン工事をご検討中の企業様へ

ビジネスフォンと主装置は同一メーカーで同一機種である必要がありますので、単体で購入またはリース契約するよりもセットで提供しているタイプを選ぶのがおすすめです。

当社では、実用性と利便性に優れたNTTシリーズの中古ビジネスフォンセットを激安価格で取り扱っております。
専用電話機や主装置に留まらず、アナログコードレス機器や無停電装置などの周辺機器も揃っていますので、すぐに通信環境を整えることができます。ビジネスフォン工事を全国各地で対応しておりますので、お気軽にお見積もりをご依頼ください。多機能最新機種のビジネスフォン工事を低コストで実現させていただきます。

[激安ビジネスホン販売デンワマンTOPページへ]

↓↓キャンペーン中↓↓

NTTビジホンαGX一覧(前期モデル極上中古)

NTTビジホンαNX一覧(現行モデル最新中古)

複合機シリーズ OA機器シリーズ 各種サービスなど リース/分割払い ソーシャルメディア
オーエー5 お問い合わせ